スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国政進出・・・”引く手あまた”???

いつも唐突に何かを言い出す・・・・
そんな印象がないわけでもない。
が、しかし!根拠はある!?

以下ZAKZAK 高橋洋一氏連載 「日本の解き方」より転載
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120831/plt1208310731001-n1.htm

橋下新党“衆院半減”には裏づけがある!道州制と国の業務

 橋下徹・大阪市長が率いる「大阪維新の会(維新)」の次期衆院選の公約に、衆院の議員定数を半減させることが盛り込まれることとなった。

 歳出削減策として「国民に負担をお願いする前に身を削らないといけない」と説明しているが、維新との連携を視野に入れる他党にとってはハードルが上がったことになる。「『一緒にやろう』と言ってくる国会議員は多いが、『衆院定数を半減する』といえば、みんなサーッと消え去っていく」と語っている。

 ただ、この話は、他党からのラブコールが多いので、それを追い払うためだけのものではない。きちんとした裏付けがある。

 維新が目指しているのは地方分権、最終的には道州制だ。その場合、国の業務は大幅に地方に移譲される。国家公務員は、自衛官を除き行政機関の職員数は30万人。しかし、道州制に移行した後の国の行政機関の職員数は10万人程度だろう。

 となると、国会議員もかなり減って当然だろう。なにしろ国の行うことは、国防、外交、司法、通貨、財政、エネルギー政策などの国の根本となる基本政策だけ。今の省庁でいえば、国土交通省、農水省、経産省などは基本的に地方の機関となる。社会保障も年金を除き、多くは地方に移管される。

 このような国のかたちを考えると、衆院の議員定数の半減でも、驚くことではない。

 もともと議員の数が多いというのは一般庶民も感じているところだ。そこで、維新は大阪府で議員定数を減らした実績がある。2011年6月4日、府議会は、現行の109の議員定数を15年4月に実施予定の一般選挙から定数88に削減する条例を可決した。

 議員が多すぎるというのは多くの人が感じているが、大阪維新の会では都道府県では人口10万人、国で人口50万人あたり議員1人という基準を考えているという。

 衆院の議員定数半減という政策は、既存政党では無理だろう。道州制へは賛成という議員は多いが、その具体策になると、とたんに既得権の擁護者になる。

 本コラムで示したように、消費税の地方税化(と同時に地方交付税の廃止)は道州制への重要な手段であるが、財務省と総務省を敵に回したくない既存政党や国会議員は反対する。衆院の議員定数半減は、道州制になれば自然と出てくる結論であるが、これを見せられると、自分が既得権者になるので、すぐ反対となる。

 ただ、政策が似ているというみんなの党の前回選挙の公約(アジェンダ)には、「衆議院議員は300人(180減)、参議院議員は100人(142減)に」とあり、やはり似ている。橋下大阪市長は、議員給与の3割カットもいったというが、みんなの党のアジェンダにも「国会議員給与を3割、ボーナスを5割カットを即時実施」と書かれている。こうなると、選挙目当てでない「ほんまもん」しか、維新と連携できないだろう。

(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)




にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へにほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ人気ブログランキングへ
bannerブログランキングblogram投票ボタンtoremagabanerくる天 人気ブログランキング


スポンサーサイト

テーマ : 維新の会
ジャンル : 政治・経済

”決定できる、責任のとれる民主主義”

体制維新――大阪都 (文春新書)体制維新――大阪都 (文春新書)
(2011/11/01)
橋下 徹・堺屋 太一

商品詳細を見る


言ってる内容はイチイチご尤もな内容である。
だからそれゆえに、まんま鵜呑みにすることだけはやめよう。
そのためにこそ、このブログを始めたんだから・・・・・







つまり、こういうことなのであろうが、本当に本気でやってくれるのか!?
行政論は確かに難しい。
専門家でないとわからない。
が、大学の教授たちの無責任なお話はもうききたくない。
どうやら、行政組織論とは、もはや学問ではないようなのだ・・・・

mission



テーマ : 地方行政と政治
ジャンル : 政治・経済

橋下改革情報・・意外に詳しいです!
プロフィール

橋下一郎

Author:橋下一郎
選んだ責任をとる!大阪市民

異議無し1!?
最新記事
議会の見張り番?
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
日々のニュースもお見逃しなく!
世界視点で視る!
情報通の1冊!
ランキング
カテゴリ
清き、厳しき一票を!

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ
にほんブログ村 政治ブログ 政党(団体)へ
人気ブログランキングへ
banner
ブログランキング
blogram投票ボタン
toremagabaner
異議無し2!?
本日の話題は?
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
あし@
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。